子育てママのための つくばのお金の相談パートナー

子育てママのための つくばのお金の相談パートナー

コンサルステーション エルアイエー

  • お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ!

    コンサルステーション エルアイエー 電話番号
  • 営業時間
    (平日)

    10:00〜19:00
TOP>プロが教える家計のコツ

家計簿ってやっぱりつけた方がいいの?

教育資金はいくら準備しておけばいいの?

「家計簿のつけ方がわからない」「家計簿はつけているけど、貯金ができない」という方は多いもの。
家計簿は上手につければ、家計の問題点を知ることができ、家計の見直しから、貯蓄につながります。
まずは家計簿で「自分のお金の使い方」を知るところから始めましょう。

その「家計の見直し」、本当に効果がありますか? その「家計の見直し」、本当に効果がありますか?

家計が見えると、笑顔が増える

家計簿のメリットは、「家計のお金の流れがわかること」。流ればわかれば、家計の見直し箇所もわかってきます。家計を見直せば、お金にゆとりができて貯蓄も増え、心に余裕も生まれます。そうすれば、家庭に笑顔が増える、というわけ。家計の見直しで家庭に笑顔を増やしましょう。

「収入ー固定費ー変動費=やりくり費」と考える

家計簿の支出は、「固定費」「変動費」「やりくり費」の3つに分けて書き出しましょう。「固定費」とは、住居費や保険料など毎月決まった一定額の支出。「変動費」は、水道光熱費やガソリン代など、月によって変動がある支出。「やりくり費」は、食費や日用品代など、節約ややりくりの余地がある支出です。「収入ー固定費ー変動費=やりくり費」と考えれば、毎月考えるやりくりを減らせます。

家計簿は「最低3カ月」続けることが大切

せっかく家計簿を始めても、つけ忘れや赤字が見えてきてしまうと途中で嫌になってしまうことがあります。家計簿は、続けることが大切。「赤字が確定しても続ける」「完璧な家計簿を目指さない」「思い出せない支出は無理をしない」を胸に留め、最低3カ月は続けましょう。

「効果が大きくて労力が少ない見直し」から始める

家計簿をつけて、お金の流れが見えてきたら、家計の見直しをします。家計の見直しのコツは、「効果が大きくて労力が少ないもの」から始めること。「効果が大きくて労力が少ないもの」とは、一度見直せば効果がずっと続くもの。たとえば、住宅ローンや保険の見直しなどが当たります。逆に、食費や光熱費の節約は、節約している時だけ効果がある「効果は小さくて労力が大きいもの」。見直しとしては後回しで構いません。

「さらに効果的な家計の見直し方法が知りたい」「家計のために、住宅ローンや保険を見直したい」と思われたら、ぜひエルアイエーにご相談ください。

  • 住宅ローン
  • 教育資金
  • 家計見直し
  • 老後資金

プロが教える家計のコツ

  • 住宅ローン
  • 教育資金
  • 家計見直し
  • 老後資金