子育てママのための つくばのお金の相談パートナー

子育てママのための つくばのお金の相談パートナー

コンサルステーション エルアイエー

  • お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ!

    コンサルステーション エルアイエー 電話番号
  • 営業時間
    (平日)

    10:00〜19:00
TOP>家計見直しについて

教育資金はいくら準備しておけばいいの?

教育資金はいくら準備しておけばいいの?

「子どもには十分な教育を受けさせたい」と考えるご家庭は多いですよね。そんな場合は、やみくもに教育資金を貯めるよりも、実際に「いつまでに、いくら準備しておけばいいのか」をしっかり把握した上で準備計画を立てて貯金することが重要です。

大学は国立に行かせるつもりだから、の落とし穴 大学は国立に行かせるつもりだから、の落とし穴

「やっぱり私立に行きたい!」と言われることも

教育資金の計画を立てるには、お子さんの進路を考えてみることが不可欠。とはいえ、「我が家は大学は国公立と決めているから」と心づもりをしていても、実際に親の思い通りにはいかないこともあります。お子さんが突然「私立大学に行きたい」と言い出しても慌てないように、教育資金を準備しておく必要があるでしょう。

目安は大学だけで1人1,000万円

大学の費用を考えてみると、準備しておきたい目安は「1人あたり1,000万円」です。自宅からの通学でも私立の理系だったり、国公立でも下宿をしたとすると、大学4年間で1,000万円ほどがかかります。お子さんの望む進路を歩ませてあげるためには、やはり「1人1,000万円」の大学費用を見ておいた方がいいでしょう。

中学受験の場合は小4からの塾代も必要

もちろん、必要な教育資金は大学費用だけではありません。中学校や高校から私立となると、公立に通わせた場合に比べて学費は上がりますし、中学受験の場合小学4年生から塾に行かせるご家庭が多いですから、塾代も考慮に入れておく必要があります。

目標が見えれば、教育資金は貯められる

とはいえ、急に「大学費用1,000万円を貯めないと!」と言われても、どうしたらいいかわかりませんよね。そんな時は、まずはライフプランの作成が必要です。教育資金だけでなく、住宅費や保険代などすべての家計を合わせたライフプランをつくることで、「このままでは◯万円が不足するから、大学入学までに貯めないと」という具体的な目標が見えてきます。

ライフプランの作成や教育資金の準備計画も、
私たちエルアイエーがお手伝いします。ぜひお気軽にご相談ください。

  • 住宅ローン
  • 教育資金
  • 家計見直し
  • 老後資金

プロが教える家計のコツ

  • 住宅ローン
  • 教育資金
  • 家計見直し
  • 老後資金